健康

コラーゲンを食品から摂取

コラーゲンはタンパク質の一種で、体内に存在しています。
コラーゲンはお肌にも有効ですが、健康にも欠かせないタンパク質です。
しかし、それは加齢とともに減少するため、外から補う必要はじめに、お勧めする食材はお肉やお魚です。
手頃で簡単に手に入るので、毎日でもOKですね。

そのなかでも、皮や軟骨といった箇所性があります。
そこで、毎日の食事からコラーゲンを摂取することをお勧めします
有名なのはフカヒレですね。
また、スッポンもよく耳にしますね。
しかし、これらの食材は値段も高く、高カロリーですので毎日食べることは避けたいです。
お魚ですと、サンマやイワシ、マグロやエビなどにも多く含まれているのでお勧めです。

また、お肉なら牛肉のスジや、鳥の皮や手羽先などがお勧めです。
コラーゲンは、動物性食品と海洋性食品に多く含まれています。
軟骨や豚骨、牛スジなどは動物性食品ですし、サンマやマグロ、フカヒレ、イワシは海洋性食品に分類されます。

これらの食品をうまく取り入れていくことで、コラーゲンが体内で吸収されます。
またゼラチンの中にも含まれているので、ゼリーやマシュマロなどのお菓子類もお勧めです。
食品の中には脂質が高いものがあり、取り過ぎてしまうと生活習慣病になる危険性が高くなりますので、きちんとバランスをとって摂取しましょう!

このページの先頭へ